創設者たち

+

ジョゼフとルイ・クレリコ

イタリア生まれのこの二人の兄弟は、当時建築請負業者であったが、人生を変えようと決意し、1946年に、二人はシャンゼリゼ大通り78番地にあったリドをレオン・ヴォテッラから買い取りました。

兄弟はこの大冒険に熱中しました...リドがさらにもっと魅力的になるようにと、興行主のピエール=ルイ・ゲランに支援を求め、あふれんばかりの想像力で有名なこのショーの達人は、リドを変える全権を任せられたのです。

以降、リドは輝く宝石箱に変貌し、新しいアイデアでパリ全市民を惹き付けます。ディナーショーは完全なる成功をおさめ、すぐに全世界で模倣されること。

最初の興行は1946年6月20日に行われ、それは控えめに≪sans rimes ni raisons≫と呼ばれました。

+

ルネ・フラデー

アメリカ合衆国でショー興行のために4年を費やした後、かつてのミスタンゲットのボーイであった彼はピエール=ルイ・ゲランの求めに応じて、1947年にリドの芸術ディレクターとなりました。

桁外れなものが大好きな彼は、面白いアトラクションを求めて世界中を駆け巡り、それらをパリで興行するため全力を尽くしました。

こうしてリドにはアイススケートリンク、プール、噴水などが設置され、その他にも場内を飛ぶヘリコプターという想像を絶するアイデアを取り込んだ、驚くようなショーが開催されるようになります。

+

ピエール=ルイ・ゲラン

ショー愛好家であったピエール=ルイ・ゲランは、医学の勉強を止め、夜の華やかな世界に心置きなく飛び込びました。

彼はシャラントン通りに自分の最初のキャバレー《ル・クラブ》を開店し、ブールヴィルリーヌ・ルノーのような才能豊かなアーティストを迎えます。

その後、唯一無二の夢のような場所を創り上げるためにクレリコ兄弟と共にリドの経営に携わるようになります。

ミス・ブルーベル

+

ミス・ブルーベル

本名はマーガレット・ケリー、目の色がヒヤシンス色であったため、Miss Bluebell と呼ばれました。1910年6月24日に生まれたこの美しいアイルランド娘がBluebell Girlsラインの生みの親となるのです。

彼女は30年代にドイツそしてフランスで生活し、フランスのFolies Bergeresでダンサーとしてデビューします。

弱冠22歳で自身の会社を起こし、それをきっかけに1948年にリドの舞台に参加するようになりました。すらりと長い脚と伝説的なエレガンスをもつ女性たちが、まさにここで、パリの観衆を驚嘆させるのです。

現在でもまだ、Bluebell Girlsはリドの魅惑的なレヴューのシンボルとなっています。

象徴的な場所



起源


リドの起源1928年に遡ります。デュファイエル氏の旧邸宅の地下に人工の浜辺が作られましたが、《Arcades》と呼ばれるショッピングモールをシャンゼリゼ大通り78番地に建設するためにその邸宅は取り壊されました。地下は《リド、パリの浜辺》となり、ショーという人物によってこの名がつけられました。そこでは喉を潤したり、子供たちは縦33m、幅9mのプールで遊ぶことができました。しかし、この場所が本当に賑わうのは、芝居がはねる真夜中頃でした。カジノ、水上音楽劇、まるでヴェニスにいるかのようなゴンドラを見る事ができました。
しかし1933年には客足が少なくなり、施設は競売にかけられることになります。

1936年に、有名なレオン・ヴォテッラが買うこととなり、その場所をがらりと変貌させます。プールや浜辺は止め、殿堂に柱を立て、ショーの場としたのです!

1946年から現在まで


戦後、レオン・ヴォテッラはリドをジョゼフとルイ・クレリコ兄弟に譲渡します。
その後、大規模な工事が行われ、レヴューの大舞台に相応しい殿堂へと生まれ変わります。1946年6月20日から、その舞台は美に輝き、ダンサー、衣装の華やかさ、アトラクションの優雅さは伝説となりました。このキャバレーは世界の頂点に達したのです。

常に熱狂的に受け入れられたリドのレヴューは、各地で有名になり大絶賛されます。「パリを訪れる外国人やフランス人はまずエッフェル塔とリドを見に行き、リドでは世界でも唯一無二の豪華なショーが必ず見られる」と言う人さえいたほどです。この時点でリドは確実に伝説の一つとなったのです。

生きた伝説は再発見されるものです。1977年に、リドはシャンゼリゼ大通り116番地にノルマンディーの城壁を設けました。建築家ペネやバルトッキニ、ヴェッキアによって見事に構想され装飾されたその建築は、世界一とまで言えないまでも、ヨーロッパでもっとも壮大で豪華なキャバレーになったのです。

リドでは、人々をいかにその場に酔わせる事ができるかが腕の見せ所でした。人の手による働きもありましたがテクノロジーの恩恵も受けています。床が沈み、ダンスフロアがショーの舞台へと変化する時、多くの観客は目を瞠りました。アイススケートリンクプール、驚くような水のスクリーンが次々と現れる時、リドはアルコーヴの最も奥深い場所まで燃え上がらせました。すべての機械装置や才能あるアーティスト達と同じように、非凡なノウハウを持つ技術者たちによって、リドがもっとも素晴らしいショーの場所となったのです。

過去のレヴュー